2011年03月23日

アクアクララ ミネラルウォーター

アクアクララ ウォーターサーバー



(公式ページより引用)

放射性物質に対するアクアクララの見解

特定の地域の水道水試験の結果、一部の地域でこの度の原発事故の影響と思われる放射性物質が確認されたことについて、アクアクララは全ての原水に対し逆浸透膜(RO膜)によるろ過を実施しているため、RO膜の細孔(穴の大きさ)と放射性物質(ウラン、セシウム、ヨウ素、プルトニウムなどの核種で放射能を発生させる物質)の大きさから判断し、理論上は放射性物質の除去が出来ていると考えております。



《食品衛生法の基準》

飲料や食品に用いる原水の水質につきましては、水道法や食品衛生法で定められた基準に適合しなければ使用することはできません。アクアクララで使用する原水もこれら法律に適合したものですが、取水地が放射能で汚染され基準値 (※ 厚生労働省医薬食品局食品安全部長発 放射能汚染された食品の取扱いについて 平成23年3月17日 食安発0317第3号)から逸脱すれば、当然のことながらアクアクララの原水として使用することはできません。



《放射性物質と放射線》

アクアクララでは原水を逆浸透膜(RO膜)で精密ろ過処理を行っておりますが、先に述べましたとおり、安全範囲であるにせよ極めて僅かな放射性物質(ウラン、セシウム、ヨウ素、プルトニウムなどの核種で放射能を発生させる物質)が含まれる場合、RO膜の細孔(穴の大きさ)とそれら放射性物質の大きさから判断して理論的に除去が可能と考えられます。尚、放射性物質から放出された放射線自身はレントゲンなどのX線と同じく一過性のものですので、水に長時間留まることはありません。



《アクアクララ製品の製造》

アクアクララの製造は、原水が直接外気に触れることなく密閉式タンクから配管を通じてボトルに充填され、さらに使用するボトルは充填直前に洗浄殺菌されております。また製造室内の空気は、HEPA(ヘパ)フィルターなどの精密フィルターを用いて外気空気の清浄化を行っておりますので、製造室外部から塵状の放射性物質の汚染はないと判断されます。







放射性物質に対するアクアクララの見解

http://www.aquaclara.co.jp/important/11/0322_01.html



ちなみに今問い合わせや応募者が殺到してるのか、公式ホームページが非常に重いです。







コチラでアクアクララのレビューなどをしていますので一度見てみてください。

アクアクララ ウォーターサーバー

posted by nyuu at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。